Expand
Resize
Add to favorites
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は2020年に急速に拡大し、世界的に大きな影響を与えています。COVID-19を封じ込めるための対策は経済活動に影響を及ぼし、ひいては財務報告にも影響を及ぼしています。
ウイルス感染防止策としては、人の移動の制限、飛行やその他の旅行の制限、企業や学校の一時閉鎖、イベントのキャンセルなどが挙げられます。これは観光、運輸、小売、娯楽などの産業に直ちに影響を与えることになります。また、世界中のサプライチェーンや財の生産にも影響を及ぼし始めており、経済活動の低下によって、多くの財やサービスの需要が減少する可能性があります。
COVID-19は、PwC In depth INT2020-02 「新型コロナウイルス感染症が会計処理に及ぼす影響」(和訳はこちら)で概説されているように、あらゆる業界において、会計および財務報告の多くの分野に影響を与えるでしょう。
本資料では、建設・エンジニアリング業を営む企業が直面する可能性のある重要な論点について、PwCの知見を提供しています。本資料は、最も頻繁に直面する可能性のある論点を重点的に扱っていますが、今後、これらの他にも多くの論点が生じることは確実です。COVID-19の状況が展開するにつれて、会計上の論点も生じることになります。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒ 原文(英語)はこちら
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide