Expand
Resize
Add to favorites
今回は,IASBにおける金融資産のマクロ・ヘッジにかかわるプロジェクトの内容を2012年1月までの審議状況を踏まえて解説いたします。
国際会計基準第39号「金融商品」(IAS第39号)の置換えプロジェクトにおける第3フェーズの公開草案「ヘッジ会計」が2010年12月に公表された後,IASBはこれに対するコメントレターに基づいて審議を重ね,昨年2011年9月に実質的な審議を終了しました。IASBスタッフによるレビュー・ドラフトが提出された後,一定のコメント期間を経て,最終基準書になる予定です(下記図1参照)。なお,この審議は一般的ヘッジに関するもので,マクロ・ヘッジは含まれていません。一般的ヘッジに関する実質的な審議が終了したことに伴い,現在,IASBはマクロ・ヘッジに対する審議に注力しています。マクロ・ヘッジは主に金融機関におけるリスクマネジメント手法に関連することから,金融機関の金利リスクマネジメントを前提にマクロ・ヘッジの基礎的前提部分を主に審議していますが,特段の結論に至っておりません。マクロ・ヘッジに関するディスカッション・ペーパー又は公開草案が2012年第2四半期に公表される予定です。
こちらは、『週刊経営財務』3057号(2012年3月19日)にあらた監査法人として掲載したものです。発行所である税務研究会の許可を得て、あらた監査法人がウェブサイトに掲載しているものですので、他への転載·転用はご遠慮ください。
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide