Expand
Resize
Add to favorites
米国財務会計基準審議会(FASB)は、2016年2月25日、新たな基準、「リース」(ASC Topic 842)を公表しました。新たな基準は、ほぼすべての企業に一定の影響を及ぼす可能性のある要素を含んでおり、特に借手については極めて重大な変化が生じる可能性が高いと考えられます。借手は、ほぼすべてのリースについて、貸借対照表において使用権資産およびリース負債を認識(オンバランス)する必要があります。
国際会計基準審議会(IASB)は、すでに今年初めに新たな基準である国際財務報告基準(IFRS)第16号「リース」を公表しています。米国会計基準(US GAAP)で適用されるガイダンスとIFRSで要求されるガイダンスの間にはいくつかの重要な領域において差異が存在しますが、両審議会は、それぞれの基準が、借手がリースに関連する資産および負債を認識し透明性を高めるという、主要な目的を達成したと述べました。
本資料のパラグラフ95では、新たなリース会計基準と現行のリース会計基準との間の重要な差異に関する所見を示しています。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはUSサイト

【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide