Expand
Resize
Add to favorites
2016年1月、国際会計基準審議会(IASB)は、国際財務報告基準(IFRS)第16号「リース」を公表しました。少なくとも借手にとっては、リース会計の新時代が始まったといえます。借手は、従来のIAS第17号「リース」のもとでは、ファイナンス・リース(オンバランス)とオペレーティング・リース(オフバランス)の区別を行う必要がありましたが、IFRS第16号の新たなモデルでは、ほぼすべてのリース契約を財政状態計算書で認識(オンバランス)することが要求されます。唯一の選択可能な免除規定は、特定の短期リースおよび少額資産のリースのみとなります。借手が、IAS第17号のもとでオペレーティング・リースに分類されるリース契約を締結していた場合、IFRS第16号の適用は財務諸表に重大な影響を及ぼします。(※これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルはInternationalサイト
<業種別影響分析 - In the Spotlight ->
In the Spotlight Leases (Retail and consumer)(J) (消費財・小売・流通)
(pdf 395kb)
In the Spotlight Leases (Pharmaceutical and Life sciences)(J) (医薬・ライフサイエンス)
(pdf 319kb)
In the Spotlight Leases (Communication)(J) (情報通信)
(pdf 332kb)
In the Spotlight Leases (Shipping)(J) (海運)
(pdf 354kb)
In the Spotlight Leases (Airline)(J) (空運)
(pdf 325kb)
⇒オリジナルは下記リンクよりInternationalサイトへ
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide