Expand
Resize
Add to favorites
英国は、2020年1月31日に欧州連合(EU)を離脱する予定です。その後、2020年12月31日まで移行期間があります。移行期間において、英国はもはやEU加盟国ではないものの、依然としてEU規則の対象となり、EU関税同盟のメンバーであり続けます。移行期間中、英国とEUは将来の貿易およびその他の関係に適用されることになる規則について交渉します。交渉が予定よりも長びくことが見込まれる場合、英国は、(2020年6月30日までに行われる限り)最長2年の移行期間の延長を要請することができ、EUは延長を認めることになります。最終的に、合意なき離脱も引き続き起こり得る結果です。
英国企業は、この新たな政治状況が企業組織にどのような影響を与えるのかを検討しなければなりません。移行期間中、契約が成立するかしないかの離脱交渉の結果にかかわらず、英国でビジネスを行う多くの企業にとって大きな変化が生じる可能性は高いといえます。しかし、ブレグジットは、英国でビジネスを行う企業だけの問題ではなく、英国の企業と取引を行う外国企業および英国で実質的にビジネスを行っているや企業グループにも影響を与える可能性があります。(これ以降の詳細は添付ファイルをご覧ください)
⇒オリジナルは Internationalサイト
【関連リンク】
Expand

Welcome to Viewpoint, the new platform that replaces Inform. Once you have viewed this piece of content, to ensure you can access the content most relevant to you, please confirm your territory.

Your session has expired

Please use the button below to sign in again.
If this problem persists please contact support.

signin option menu option suggested option contentmouse option displaycontent option contentpage option relatedlink option prevandafter option trending option searchicon option search option feedback option end slide